運動に自信が無い人も安心! 体力検定合格への道~腕立て編~

体力検定の基準が分からなかったり、そもそも体力検定で何をするのか分からず

不安になっていませんか?

現役の新隊員の方は、なぜ自分が不合格になるのか

納得がいかないと言う人もいるのではないでしょうか?

実は、体力検定には明確な合格基準と正しい姿勢が決まっています。

それを知ることで合格に近づくことができます!

なぜなら、新隊員班長として数十人以上の新隊員を見て来た経験から

合格できなかった隊員は1人もいません!

この記事では、体力検定に合格する為の腕立ての基準と

腕立てが強くなる方法を紹介していきます。

記事を読み終えると、体力検定に自信を持って挑めるようになり

合格へまた一歩近づくことができますよ!

目次

体力検定とは?

自衛隊が行う、1年の内に絶対に合格しなければならない検定です。

合格基準については『航空自衛官の体力測定実施基準について(通達)

✅2分間計測
✅最低でも男性隊員/40回
 女性隊員/22回
✅失格条件あり

腕立て伏せの正しい姿勢とは?

・両手の間隔は肩幅より少し広く
・両手は『八の字』
・身体はまっすぐ
・両足は肩幅まで開ける

次の写真を参考にしてみましょう!

正規の姿勢
横から見た図
足元
手元
屈腕の姿勢
あごの位置
横から見た図
休憩の姿勢
休憩の姿勢
休憩の姿勢
ダメな姿勢

体力検定を合格する為のコツ

様々な筋トレ方法がありますが、検定を合格するのに効率的なのは

正規の姿勢で実際に腕立てを行う』ことです。

・実際に使う筋肉が鍛えられる
・正しい姿勢ができるとカウントを取ってもらえる

それでもなかなか伸びない人は『最初の30秒だけ』でも思いっきり腕立てをしましょう。

腕立てをしていると、腕に疲労が溜まります。

なので、実際に2分間ずっと腕立てを続けるのは難しいのです。

目安は30秒で30回以上!

一度の流れでそこまでできれば、合格は目前です!

休憩を挟んだ後は半分程度しか腕立てができないことが多いです。


30回⇒15回⇒6回⇒1回……

これでも、合格基準は突破できます!

まとめ

自衛隊で行われている体力検定、腕立てについていかがでしたか?

✅最低でも男性40回/女性22回

✅やり続ければ回数は伸びる

このふたつだけ覚えて貰えれば新隊員教育隊は乗り切れます!

ハードトレーニングをした後の身体のケアにはプロテインを摂取しましょう。


身体の鍛え方はこちらの記事も参考にしてみてくださいね😆

本日も読んでいただきありがとうございます。

1回でも多くの腕立てができるようになりましょう!

ありがとうございました~!😆

この記事が気に入ったら
フォローしてね!

よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!
  • URLをコピーしました!

コメント

コメントする

CAPTCHA


目次
閉じる