【元自衛官がおススメ】実際に使った便利ミリタリーグッズ5選!

官品の装備を使っている内に手入れが面倒だったり使い勝手が悪く不便でありませんか?

実は、一部の民生品を使うことでその不便さから解放されます!

なぜなら、米軍へ装備を提供している企業の商品など、自衛隊の行動に即した装備が多いからです。

この記事では、実際に使ってみて使い勝手の良かった装備品を紹介します。

記事を読み終えると、自分のあった装備が買う前にどんな物か分かって購入の手助けになりますよ!

目次

おススメのミリタリーグッズ

部隊によっては民生品を禁止している部隊もあるので、使用前に部隊に確認しましょう。

どれくらいの民生品が許可されるのかは部隊長の考え方次第です。

自衛隊の基本的な考え方は『支給された官品のみを使用する』なので覚えておきましょう!

革手袋


自衛隊生活をする上で何枚あっても足りないのが革手袋です!

この革手袋の使いどころは満載です。

・整備作業
・射撃
・格闘
・演習
・引っ越し
・防寒

何か作業があるなら革手袋は必須です!

最近は官品の革手袋も性能が良くなっており耐久度も高く使いやすくはあります。

無理に私物を使う必要はありません。

しかし、山での演習で落としたり失くしてしまうことを考えると私物がおススメです!

おススメのメーカーはこちら!

ポーチ

常に持ち歩く物の代表として、メモ帳筆記用具があります。

それらをポケットに入れるのも悪くはありません。

しかし、自衛官は雨の日も雪の日も、あるいは木々が茂る山の中でも行動をします。

そんな時にポケットに入れたままの物は取り出しづらく、濡れたり汚れたりと不便です。

そこで出番となるのがポーチなのです!

普段持ち歩くのに使えるタイプ

演習中に身に着けるタイプ

上記2種類をおススメします。

2022年時点では、普通科や一部の部隊ではチェストリグと呼ばれる装備品が普及しています。

昔の吊り弾帯とは違い、様々な装備品が装着することが可能です。

チェストリグを配備されている部隊であれば私物の使用が比較的簡単です。

ヘッドライト



官品のライトを演習に持っていくことはありません。

なので、ライトは基本的にみなさん自身で用意しなければなりません。

その中でも自衛官に人気なのがこのサイドワインダーと言うヘッドライトです!

明かりの強さも有り、赤色とIR(赤外線ライト)も備わっています。

暗視装置を使えば暗い場所でも昼間のように見えたりと装備活用の幅が広がります。

何より手元を塞がないで済むのが魅力的です。

しかし、一部の部隊ではヘッドライト自体を禁止していることも有るので要確認です!

ナルゲンボトル


・熱さに強い
・衝撃に強い
・大容量

自衛隊が持ち歩くのに最適な水筒がこのナルゲンボトルです!

EAAサプリを混ぜて日常的に愛飲している隊員も居るくらい、ナチュラルにナルゲンボトルを使っています。

保温の能力だけは無いので、温かい飲み物や冷たい飲み物を持ち歩きたい場合はこちらもおススメです。


スマートウォッチ


・GPSで自己位置がわかる
・方位方角がわかる
・ランニング時にデータが取れる
・健康管理ができる
・スマホと連携可

自衛隊の腕時計と言えばGショックが定番中の定番です。

最近は様々な機能が盛りだくさんのスマートウォッチも大変人気です!

自衛隊生活をしていく上で非常に役立つ機能が満載の時計です。

時計なんて時間が分かれば良いと思っていた人も、スマートウォッチを手にしてしまうと

虜になってしまうのは必然です!

安くは無い買い物なので、自分にあっているのか本当に必要なのかは十分に考えましょう!

まとめ

どれも自衛隊生活を乗り切る上では十分助けになるアイテムばかりです!

実際に使ってみて使えるアイテムばかりをおススメにあげています。

上記におススメした物以外も、実はおススメ品がいっぱいありますよ!

そんなおススメ品が良く揃っているお店がサバイバルゲーム関連のお店です。

中々見つかりにくい自衛隊用品がずらっと並んでいるのできっと役立つ物が見つかりますよ😆

この記事が気に入ったら
フォローしてね!

よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!
  • URLをコピーしました!

コメント

コメントする

CAPTCHA


目次
閉じる